内服薬の種類は

ドライヤーをあてる

「おしゃれが決まらない」「頭皮が多く見えて恥ずかしい」など薄毛は人を悩ませてしまいます。人によっては、「外に出たくない」という場合もあるほどです。そんな薄毛は、病院で治療することができます。
薄毛に悩む人のなかには、「病院に薄毛治療できるところなんてあったっけ」と思う方もいるかもしれません。
しかし、近年は薄毛に悩む人が多いことから薄毛治療に特化した専門のクリニックも開院されています。
そのため、薄毛を専門的に診てもらうことが可能です。
では、そのような薄毛治療専門の病院、クリニックでは、どのような治療が行われているのでしょう。

薄毛治療を専門に行っているクリニックでは、主に「薬」による治療が行われています。AGAなどを内側から治していくのです。
専門クリニックでは、「ミノキシジル」や「フィナステリド」といった薬が処方されています。
「ミノキシジル」は脱毛症にとても有効である薬で、クリニックで処方される内服薬の形のほか塗布するタイプのものもあります。
内服薬のような場合は「ミノキシジルタブレット」、塗布するタイプは「ミノキシジルゲル」と呼ばれています。
そんなミノキシジルは、頭皮の細胞に直接働きかけ、分裂を促進させる役割があります。毛が生まれるために必要な細胞がどんどん分裂すれば、自然と生えてくる髪の毛も増えてくるので、増毛に効果があります。
また、細胞を活性化させることにより髪の毛の成長も促すことができます。
もう一つのフィナステリドは「プロペシア」とも呼ばれている薬で、薄毛になる原因である”ジビドロテストステロン”という成分の増加を抑える働きがあるといわれています。脱毛症に効果のある薬として使用されていますが、もともとは前立腺肥大症や前立腺がんの治療に使用されていました。このように、フィナステリドは多方面で活躍している治療薬なのです。

薄毛治療専門のクリニックでは、内服薬による治療の場合、上記のような薬を使って治療を行っています。